The Blacklist ブラックリスト

The Blacklist

シーズン1第13話

リズとトムは養子を迎えることを決めました。その養子縁組のために仕事にも影響が出そうなので、それを上司に切り出そうとリズが上司クーパーに話しかける場面です。(結局は言い出せなくなっちゃうんだけど)

LIZ : Sir? I wanted to talk with you about something. It’s a personal matter.

そこへミーラが遅れて到着する

COOPER : Good of you to join us.

MEERA : Sir, rough night. My daughter was sick.

COOPER : I agreed to let you join this task force with the promise that family wouldn’t be an issue. I don’t mean to be a hard-ass, but in this unit, job comes first, second, and third. Bring her up to speed. [ リズに向かって ] You wanted to talk to me about something?

LIZ : It can wait.

 

 

——————————————————————————————————————————

 

シーズン1第14話

 

司法省犯罪局長のダイアンが内通者だとわかったレッドは、ダイアンのところに忍び込み、ペラペラ上から目線で偉そうに話すダイアンを撃ちます。

RED : You talk too much.

DIANE : You can’t shoot me!

RED : Why not? You’re not one of the good guys. And, as of today, you’re utterly worthless to the bad guys. Fitch and I have an agreement. He goes about his business. I go about mine. You and I don’t have an agreement.

DIANE : I know the truth, Red, about that night – about what happened to your family. Do you want to know the truth?

RED : More than anything in the world… But if you know the truth, Diane, then somebody else does, too.

 

 

——————————————————————————————————————————

 

エリサという女性が襲われる可能性があるとレッドから聞き、リズとミーラは急いで彼女のいる病室に向かいますが、彼女は無事でした。

LIZ : Maybe we beat him to it.(私たちが相手の先を越したのかも)

MEERA : Or maybe Red was wrong.(またはレッドの情報が間違っていたのかも)

BUCKNER : What’s going on?(どうしたんですか?)

LIZ : We have reason to believe Ms. Rubin is in danger.(ルービンさんが危険にさらされているという情報があったのです)

 

—————————————————————————————————————————–

運び屋がイランのスパイに貴重な荷物を届けようとしているところをエリザベスとマリクが逮捕し、その運び屋によってNSAの分析官であるセス・ネルソンが生きたまま地中に埋められ、限られた量の空気しかない状態にいることを知ります。

レスラーはある女性が有力な情報を握っているに違いないから事情を聞こうと言いますが、レッドはそれに反対です。クーパーも、彼女が唯一の手掛かりなのだから逮捕しようと言いますが、逮捕しても彼女は口を割らないだろうとレッドは言います。

RED : If you really want her to talk, I should meet with her.(そんなに彼女に話させたいなら、私が会うべきだな)

RESSLER : Every time you “meet,” someone ends up dead.(君が「会う」たびに誰かが死ぬ羽目になる)

RED : We’ve gotten off to a rocky start.(出だしは良くなかったな)

COOPER : You’ve killed three people.(君は3人も殺してる)

RED : I’m not perfect.(私だって完璧じゃない)

 

—————————————————————————————————————————-

フリーランサーと呼ばれる男の情報を掴むために、カナダのモントリオールに向かったレッドとリズ。まだ出会ったばかりでレッドを信用していないリズは、親しくなるために来たわけじゃないのだから情報を得たらさっさと帰ろうとレッドに言います。

LIZ: Before we do this, let me be clear… I’m not here to socialize. I have no interest in having dinner with you, nor do we have the time. We meet your contact, we get the name of the freelancer’s next victim, and we go. Understood ?(先にはっきり言っておくけど、親しくなるために来たわけじゃない。あなたとディナーを楽しもうなんて気もないし、そんな時間もない。あなたのコンタクトに会って、フリーランサーの次の標的を聞きだしたら帰るわよ。わかった?)

RED: I agree with you completely. But it is a restaurant, and it is dinnertime.(まったく異論はないが、ここはレストランだし、夕食時だ)

[レッドがタクシーから降りる。リズもため息をついてから車を降りる。]

LIZ: So, what does this liaison look like ?(で、その仲介役の外見は?)

RED: Let’s not get ahead of ourselves.(先走るのはやめようじゃないか)

 

—————————————————————————————————————————-

ミーラとリズがバンの中で待機していて、レスラーは、死んでしまった運び屋の代わりにDechambouに会うためナイトクラブのドアの前に立っています。

用心棒の男がいきなり敵対心むき出しなので、通信機を通してリズがレスラーに「痛めつけて、運び屋だったらそうするはず」的なことを言い、レスラーが用心棒をなだめるように話しかけるシーンです。

LIZ : All teams stand by. Our man is entering the building.

RESSLER : Here to see Dechambou.

BOUNCER : I don’t know what you’re talking about. Line’s over there, slick.

LIZ : You need to make an example here. You have to hurt him. That’s what the Courier would do.

RESSLER : You know, I think we got off on the wrong foot here, uh, Isn’t that her over there?